事業案内

分譲マンション建替え事業

老朽化したマンションには、様々な問題点があります。

 

耐震性の問題、エレベーターの不備、配管の老朽化、バリアフリーへの未対応、防水や外壁等の老朽化、資産性の低下など

これらの問題を抱えたマンショでは、耐震補強や改修などにより問題点を改善する選択もあります。しかし、マンション自体の耐用年数や将来の改修費用を考慮すると建替えの必要なマンションも数多く存在します。

 

しかし、分譲マンションの建替えには、居住者間の調整という大きな問題があります。

個々の事情によりマンションの建替えには賛成できない方は少なくありません。

プロパーハウジングでは、多くの居住者のご意見に耳を傾け、個々の障害となる問題の解決を進めてまいります。

 

マンションの建替えには、居住者間の調整に限らず・最適な計画の作成・資金面での問題・ゼネコンの選定・引越先の確保など数多くの問題があります。

そして、その問題の解決には、不動産ディベロッパーや設計事務所、ゼネコンなどの各専門業者の協力が不可欠です。

 

プロパーハウジングでは、過去の蓄積されたノウハウの活用と様々なネットワークを利用し、マンション建替えの準備段階から実施まで、トータルにサポートしてまいります。

↑ ページ上部へ