事業案内

分譲マンション耐震化事業

プロパーハウジングでは、昭和56年以前の旧耐震基準で建築された分譲マンションの耐震化事業に取り組んでおります。

昨今の地震動による被害は、旧耐震マンションの被害が甚大でありながらも、分譲マンションは居住者間の意見調整が進まず、耐震化計画が実行に移せない事例が多く見受けられます。

プロパーハウジングでは、多くの居住者のご意見に耳を傾け、できるだけ多くの居住者の要望を計画に反映させてまいります。

 

耐震化事業には、居住者間の調整の他にも工事中の引越し先の確保や設計者・工事会社の選定、助成金の申請など多岐にわたる手続きが必要になります。

これらすべての手続きを管理組合にて行うには、多くの負担が強いられます。

プロパーハウジングでは、こうしたの業務を管理組合から委任を受け、実施してまいります。

 

プロパーハウジングは、これまでも耐震改修工事の実施につき様々なサポートを行ってまいりました。そのノウハウ、経験を生かし、分譲マンションの耐震計画の立案から、耐震改修工事の実施までトータルにサポートしてまいります。

↑ ページ上部へ