事業案内

不動産有効活用のご提案事業

所有している不動産を有効活用したい

 

不動産の有効活用には様々な選択肢があります。

賃貸マンションや駐車場、テナントビル、定期借地、等価交換、ロードサイド店舗など

不動産の利便性、収益性、周辺環境、面積や形状等によってその用途を検討する必要があります。

また、土地所有者の不動産活用の考え方(高い収益性を望むのか、長期安定的な収益を望むのか等)によってもその用途を検討する必要があります。

 

プロパーハウジングでは、これまで地域の土地所有者からの不動産有効活用について様々な提案をさせていただいてまいりました。そのノウハウの活用と多彩なネットワークを駆使し、不動産・設計・建築・税務といったあらゆる面から不動産の有効活用法をご提案してまいります。

 

 

問題を抱えた不動産を活用したい

 

自分の意思だけでは計画が進まない不動産の活用をご提案いたします。

 

  • 道路に接道していないため、建築が認められない土地
  • 共有者が多数いるため、計画が進まない土地
  • 借地人との調整が必要な土地
  • 建替えを検討しているが賃借人との調整が必要な建物

 

 

等価交換事業により不動産を活用したい。

 

等価交換とは、土地の所有権者が土地の持分を出資し、共同事業者が建築費を出資することによりマンション等の建築物を建築します。そして、その建築物を出資した割合により配分する方式をいいます。

この等価交換方式により、土地所有者は金銭の出資をすることなく建築物の一部を取得することができます。

 

↑ ページ上部へ